ツアーは目的に応じて


ツアーはいわゆる団体旅行ですが、日程中のプログラムがセットになったものと、オリジナルプログラムを組めるフリープランとに、大きく2つに分ける事ができます。フリープランはあらかじめ車の手配から宿、訪問先、タイムラインなどしっかり計画を組んだ上での申込になりますから、自分たちの思うがままの旅行ができますし、料金も比較的手軽ですからある程度旅行に馴れている人や、企画選任者がそろっているようならオススメです。

バスまったくの初心者は一般的にセットプランを選びます。パッケージツアーと呼ばれるこのプランですと、チケット手配、訪問先、入国手続き、ホテルの手配、タイムラインまで企画一切をお任せできますから、とても楽なのです。が、与えられた企画をそのまま消化するだけですから、自由に動きたい人は窮屈に感じてしまう部分を否めません。パッケージツアーでも搭乗員付きになると特にこの点が顕著になります。搭乗員がいないプランですと、少なくとも現地につくまでは比較的ゆるやかなタイムラインで動きますから、現地に着くまでは比較的自由な動きがとれます。ただし入国手続きやケースによってはホテル指定まで自分でしなければならない事もあります。こちらもある程度旅行に馴れている人向けです。

障がい者向けのパッケージツアーも増えていて、細やかなサポートを受ける事ができます。一般人に混じっての旅行でも、バリアフリーが日本以上に進んでいる国々への旅行ツアーなどが増えて来ています。その他にも目的に応じたツアーが多種多様ありますから、探してみてください。今回はツアーを利用する人の特徴について紹介します。